文字式の加法、減法

正負の数はすでにマスターしていると思いますが、減法は加法に直せたのであえて加法、減法を分けて考える必要はありませんでした。文字式でも同様です。加法、減法と分けて考える必要はありませんし、正負の数の加法、減法が出来る方には問題なく計算できますよ。

それでは計算のしかたを説明します。まずは次の計算から。

8x−5x

この式の項を考えると8x、−5xですね。これはどのような項でしょうか?もうお分かりですよね。同類項です。文字式では同類項のみに注目して加減の計算をしていきます。

係数だけ注目して計算。8−5なので、3です。文字xはそのまま生き残って、計算結果は3xとなります。ここで

x−x

なんかやって、計算結果を3にしたらダメですよ。「文字xはそのまま」です!

また

−3x+4y

という場合は−3x、4yという項が同類項ではないので、計算できません。この式で計算は終了となります。

文字式の加法、減法

▲このページのトップへ戻る